恋愛シンドロームその1

はじめに運命の子人と出会いましょう。

私の毎日の暮らしの中でいつも感謝しているのスバラシキ出会いの数々です。

私は大学を出たわけでもないですし大和がアメリカに住んでいた関係で20歳の時に時計していますがいまだに英語が堪能なはずもありません。

それでも悩んだり迷ったりした時は私の番子英語の問いかけに対して今でも世界中の友達たちが子供の意見をメールで答えてくれます。

これにより視野が広がり楽しく人生を生きていけるような気がするのです。

これはお金で買えないかけがえのない財産だと思います。

さてあなたは出会いに対してどのようなお考えをお持ちですか。

できれば陽炎もあればあまりよろしくない役員もあります。

上手に人付き合いをしていくのは最高でも32までと教えてくれた検査が入りました。

全ての人と平等にお付き合いするのは至難の業ですよね。

なんとか上手にハンドリングできればもっと快適な生活になるはずです。

私は16歳から60モデル書きかけてマスコミの世界に入り10代の後半から響実に様々な人と出会いました。

もちろん嫌なことを失敗だってあったけれども今でも当時からの数々の出会いは私にとって大きな財産となっています。

結局プラマイゼロよりは金+の方が多いかと思います。

またその頃から何故か自己暗示というかノリが良かったのです。

子供時代から映画を見続け欧米の大人の粋な会話が大好きでいつも実践していたから友達から不審がられていました。

映画の夢の世界に日常を次々と間ですがさせていきたかったんですよ。

けれど私にとって大人になって今でも何の変わりもありません。

要するにハッピーエンドが大好きだったのですから。

大人の世界とはそういう会話できるものだと思っていたけれど現在の日本ではそうでないのが少し残念だと思いました。

渡米した時に学んだ事はサプライズドスマイルを大事にすることです。

驚かせて他人を喜ばせるそのハッピーな笑顔を見ることが大好きです。

今でも人の喜ぶ顔がみたくて多くの人たちと出会っていると言えます。

20代半ばにモデルとして各界の著名人成功者の方が10人ぐらいにネガラ夢になっていく時期の話を中心にいろいろ話をお聞きしたことがありました。

その経験が出会いが運命について考えるきっかけとなりました。

どの人も必ずと言っていいほど若い頃鍵となる人との出会いによって大きく目が向いています。

やりたいことをきちんと続けていくことが大事ですがそれだけでは足りないのです。

降り出してくれる支えてくれる人との出会いがなければブレイクはないと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です